口臭の原因

口臭のFAQ

口臭とは、呼吸中に吐く不快な臭いを表現するために使用される用語です。口臭には様々なタイプがあります。一過性の口臭は非常に一般的で、口腔内の乾燥、ストレス、空腹、ニンニクやタマネギを含む食品の摂取、喫煙、口腔衛生不良などが原因で起こります。朝の口臭と慢性的な口臭は他のタイプです。後者はレベルの違いで人口の25%に影響を与えます。この状態は、ストレプトコッカス・ミュータンスのような口腔内細菌の特定のタイプの過疎によって引き起こされ、特別な治療を必要とします。

肝性口臭は、慢性的な肝不全によって引き起こされる口臭の一種です。

口の中に影響を与えて口臭を発生させる要因は様々です。虫歯、歯周病、歯と歯の間の食べ物の停滞、口の中の乾燥、舌の過剰な細菌活動、喉や扁桃腺の感染、カタルなどが挙げられます。気道に影響を与えて口臭を引き起こす要因としては、副鼻腔炎、ポリープ、乾燥、異物、粘液の流れ、気管支炎、肺炎、気管支拡張症などがあります。食べ物の停滞、胃や血液の流入も口臭の原因になります。また、口臭は重大な全身の健康問題のサインであることもあります。

平均的な口の中には400種類以上の細菌が存在します。これらの自然に存在する大量の細菌は、通常の活動では邪魔にならない舌の後面に多く見られます。舌の表面はざらざらしており、嫌気性細菌にとって理想的な生息地となっています。嫌気性細菌は、食べ物のカスや死んだ細胞、生死を問わず何千もの細菌が絶えず舌を覆っています。このような細菌の嫌気性呼吸は、ポリアミンの腐敗臭や、揮発性硫黄化合物(VSC)の「腐った卵」のような臭いを発生させます。これらの化合物が口の中の空気と混ざると、不快な口臭が発生します。

口臭は、口腔衛生と歯科衛生のレベルを高く維持することで防ぐことができます。そのためには、舌の奥まで清掃し、歯科医が推奨する洗口剤を使用し、水分をたっぷりと摂取し、コーヒーの飲み過ぎを避けることが必要です。口臭予防のために、シュガーフリーのガムや新鮮で繊維質の多い野菜を摂る。タバコ製品は避ける。フッ素入りの歯磨き粉で1日2回の歯磨きをして、食べ物のカスを取り除く。マウスウォッシュやミントは、数分間臭いをマスクするので、一時的な解放感を与えます。クロエヘキシジン、グルコン酸亜鉛、または二酸化塩素を含むリンスを使用する必要があります。乾燥剤であるアルコールは避けるべきです。

口の中の乾燥を防ぐためには、1日に数杯の水を飲むことで体内の水分量を適切に保つことが重要です。水を飲む前にレモン汁を加えるのも効果的とされています。ヨーグルトを食べたり緑茶を飲んだり、シナモンやシュガーレスのシナモンガムを噛んだりすることで、口臭を軽減することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました