口臭を解消する

口臭の対策

口臭を解消したいのであれば、その原因にある程度依存します。あなたが何か疑問を持っているか、または問題が慢性的なようであれば、それは口臭が対処すべき他の問題の症状ではないことを確認するためにあなたの歯科医や医師に相談することが賢明でしょう。たとえば、歯周病の問題(歯周病)を持っている可能性がありますし、糖尿病も口臭を引き起こす可能性があります。

それを言うと、一般的に口臭の原因はよく知られており、次のかなり一般的なアドバイスを適用することによって対処することができます。これらは、口内細菌が消費された食物を分解する際に臭いを作成することによって引き起こされるものなど、口臭の最も一般的なケースに適しています。

第一に、もし細菌が臭いの原因であるならば、細菌を除去したり、殺したりすれば口臭の問題は軽減されるのではないでしょうか?これは現実的な答えではありません。しかし、様々な手段で細菌の活動範囲を抑制すれば、問題は軽減されます。

細菌はたんぱく質を多く含む食品を好んで繁殖するので、肉類の摂取量を減らし、代わりに果物や野菜の摂取量を増やすことはメリットがあり、口臭を軽減することができます。また、一般的な健康上の理由から、このような行動も検討してみてはいかがでしょうか。

口の中が乾いているというのは、おそらく細菌の問題が目立っている最も一般的な理由だと思われます。細菌は嫌気性で、文字通り酸素がない状態を意味し、唾液は酸素を供給するので、唾液が不足すると増殖を促します。睡眠時などのように口呼吸をすると唾液が減り、「朝の口臭」の原因になります。他にも、食事を欠席したり、お酒を飲んだり、水分補給のために水を十分に飲まなかったりすることも口内乾燥の原因になります。

ニンニクやタマネギなど臭いの強い食べ物を多く含む食品を食べる習慣があるならば、口臭の問題を軽減するための答えはかなり明白なはずです。臭いは基本的に亜硫酸塩の性質を持っており、血液に運ばれてから肺に運ばれ、そこで吐き出されます。臭いは体外に排出されるまで残ります。

口臭を解消するためにも、歯科衛生には細心の注意を払いましょう。歯だけでなく、舌の表面や口の中の屋根なども磨いておくと、臭いを抑えることができます。毎日のフロスで食べ物やゴミを取り除き、問題を取り除くのに役立つはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました